​測定内容

Part1 性格

Part2 知的能力

1

2

3

4

5

6

グラフ表示色と評価の関係

  評価A・B   

  評価C​

  評価D・E

Part1 性格

5カテゴリー29尺度の検査項目から構成されています。

心理学・統計学に基づき、面接だけではわからない潜在的な性格の特性や傾向を明らかにします。

性格はもちろん、ストレス耐性やネガティブ特性も測定し、

受検者の資質を見極め、採用のリスクヘッジも可能です。

虚偽回答対策として1設問多因子方式を採用し、1つの設問が複数の因子とリンクしており、

回答をコントロールしにくい工夫がなされています。

1

性格特性

​12

​尺度

職業や職務と密接に関わる12尺度から総合的に人物像を測定します。性格特性は生得的要因と環境の相互作用によって形成され、比較的安定した行動様式を示します。結果は5段階評価(A〜E)と偏差値で表示します。注意点として、A評価=性格が良い・仕事ができる、ということではありません。あくまでも尺度の特徴の表われ方の強弱を示しているだけで、性格の優劣をつけるものではありません。ただし、職務への向き不向きの指標とすることは可能です。コメント欄では受検者の特徴と気になる短所をコメントします。各尺度の評価を読み取らなくても、全体的な人物像や特徴を把握することができます。

3

ネガティブ特性

​4

​尺度

潜在的な資質に関わる4尺度から、社会生活への適応度合いを測定します。ネガティブ特性は生得的な情緒反応の特徴で、生涯を通して恒常的に表れやすい資質です。注意点として、感情の起伏(躁うつ傾向)などを測定していますが、感情の起伏が大きい=躁うつ病である、ということではありません。適性検査(質問紙法)で精神疾患(心の病)を診断することはできません。あくまでも、症状の出方の強弱を測定しているだけです。ただし、そのような傾向が見られる場合(評価E)は入社後のケアが必要になる可能性があるので、採用のリスクヘッジの指標とすることは可能です。

分離質  他人や周囲の状況への関心

回帰質  感情の起伏、ゆううつ

粘着質  頑固、感情の爆発

神経質  心配症、不安感、劣等感

5

信頼性と妥当性

​2

​尺度

回答をコントロールしていないか、まじめに回答しているか、結果自体の信頼性と妥当性を測定します。妥当性の評価が低い場合、単純に設問をよく読まずに回答しているか、もしくは、メンタルヘルスに問題を抱えている可能性が考えられます。

2

行動特性

5

​尺度

職場において、性格特性がどのように行動面に表れるかを5尺度から測定します。評価方法は性格特性と同様です。コメント欄では実際のビジネスシーンで性格特性がどのような行動に繋がるかを具体的にコメントしますので、受検者の入社後の働き方や仕事への取り組み方をイメージすることが可能です。

4

ストレス耐性

​6

​尺度

職場で想定される5つのストレッサーに対する耐性(ストレスの感じやすさ)を測定します。各尺度の評価に加え、総合評価により受検者の総合的なストレス耐性を評価します。ストレス耐性が低い場合はどのような対応をすれば良いか(どのような職務が良いか)の対応策をコメントします。ストレス耐性が低い人材は弱点がある分、他の人材にはない長所を持ち合わせている可能性があります。ストレス耐性が低いからと採用を見送っていた人材でも、ポテンシャルを生かせる可能性が広がります。

集団行動  空気を読む、場に馴染む、共同作業

意思疎通  コミュニケーション、認識の共有

仕事量   複数業務の同時進行、臨機応変な対応

緻密さ   細やかな配慮、計画性、ルール順守

忍耐力   我慢強い、落ち着いた判断

総合評価  5尺度からの総合評価

コメント例)

【集団行動】が評価Eの場合

場の空気を読んだり、配慮したりすることが苦手なため、集団行動やチームプレーが求められる仕事にストレスを感じやすい。開発や研究など、ひとりで取り組める仕事の方が良い。

Part2 知的能力

知能・言語・非言語・一般知識の4分野・計60問から、

これまでに習得した基本的知能や、

職務・業務を的確に理解し効果的に遂行できるかの

基本的能力を測定します。

蓄積された膨大なデータより、少ない設問数でも評価が可能です。

また、受検者が同じ設問に当たらないよう

WEB受検・ペーパー受検どちらも

複数の設問パターンをご用意してあります。

6

​知的能力

習得した基本的知能や、職務・業務を的確に理解し効果的に遂行できるかの基本的能力を測定します。学習能力、抽象的思考能力、課題解決能力や新しい課題や場面で的確な行動をとることができるかの指標となります。

​測定内容

コンピテンシー

1

2

3

4

コンピテンシーでは、社会人として仕事をするうえで求められる能力を測定します。

コンピテンシーは3分類・12能力によって形成され、

訓練や日常生活でも身につけることができる、比較的変化しやすいものです。

評価が低い分類・能力(=弱点)は積極的に改善する必要があります。

1

3分類・12能力の測定結果

コンピテンシーを5段階評価(A〜E)で判定し、グラフは、強みは青、普通は緑、弱みは橙で表示します。 受検者の得点と、これまで蓄積したデータの平均点を表示していますので、全体平均との差を確認することができます。

3

得点と平均点のグラフ比較表示

グラフ表示により、12能力のバランスや平均点との差を視 覚的に捉えることができます。

2

強み弱みのコメント

受検者の強み弱みについてコメントします。注意点として、社会人として12能力すべてを習得する必要はありません。すべての能力を強みとしているのはほんの一握りの人だけです。ほとんどの人は各能力に強弱があり、強みとなる能力を生かしながら、弱みとなる能力は向上させようと日々努力していると言えます。

4

測定内容の説明

各能力の測定内容を説明しています。

​測定内容

思考タイプ

思考タイプは、心のエネルギーの方向と、

心の主機能をそれぞれ掛け合わせたもので、計8タイプに分類されます。

心のエネルギーは内向・外向とに別れ、

自分の興味や関心がどこに向いているか(内側か・外側か)の違いを

指しています。

心の主機能とは、

さまざまな状況下でも変わることのない心的活動様式のことです。

つまり、「心になんらかの刺激を受けた時に、心がどういう動き方をするか」

ということで、

【思考】【感情】【感覚】【直観】の4種類の動きを基本機能としています。

1

2

3

4

1

思考タイプ判定

8つの思考タイプから受検者のタイプを判定します。判定 された思考タイプを象徴するキーワードと特徴を表示し、 直感的に受検者のタイプをイメージすることができます。

3

弱点と改善点

判定された思考タイプの弱点と改善点をアドバイスします。 ポイントとして、人は誰にでも弱点があり、受検者が自らの 思考タイプを知り、向き合っていくことが成長につながり ます。自分の弱点を認識・理解し、克服することで成熟した 社会人になることができます。ぜひ、分析結果を受検者に フィードバックしていただき、自己理解促進のための資料と して活用してください。

2

解説

判定された思考タイプの特徴を詳細に解説します。具体 的な事例を交えて解説し、より詳細に受検者の思考タイプ を理解することができます。

4

タイプ別の得点表示

受検者の全8タイプ別の得点を表示しています。分析結果では一番得点の高いタイプをその受検者の思考タイプと判定していますが、 受検者によっては差がほとんどない場合もあります。これは複数の思考タイプが発達しているためです。 本来、人の思考タイプはひとつの傾向を持つものですが、 自分が持っている思考タイプとは別の社会的な思考タイプ(社会的な顔)が受検者にしっかりと根づいている場合、 2つ以上の思考タイプが表面化してくることがあります。

COPYRIGHT © 2019 WINS Co.,Ltd AllRIGHTS RESERVED