活用方法1 ​スクリーニング(選抜)

まず前提として、職務ごとに欲しい人材の要件が明確化されていることが必要です。例えば、営業系とスタッフ系とで求められる資質は同じではありません。そして「優秀な人材」=「尺度の評価Aが多い人材」ではありません。もし、職務ごとの人材の要件が明確化されていないようでしたら、ぜひ、その作業から取り組まれることをおすすめします。ご不明点ございましたら、お問い合わせください。

​職務に求められる、性格特性・行動特性の分析結果を活用ください。

活用方法2 リスクヘッジ(リスク回避)

活用方法3 リスクマネジメント(リスク管理)

COPYRIGHT © 2019 WINS Co.,Ltd AllRIGHTS RESERVED