WEB受検の本人確認方法について

更新日:2月1日

新型コロナウイルスの影響により、選考のオンライン化が進んでおり、適性検査もWEB受検に切り替えられる企業様が増えています。


自宅で適性検査をWEB受検してもらう際、最大の懸念は本人確認ができないことです。気にされない企業様も多いですが、本人確認ができないためWEB受検に移行できない企業様もいらっしゃいます。


そこで、Zoomなどのオンライン会議ツールを用いて、ペーパー受検と同様の試験運用をすることで、代理受検などの不正防止の効果が期待できます。


SurveyYOUを利用する場合、手順は以下の通りです。


1.ペーパー受検と同様に試験日時を決める。


2.試験前にオンライン会議ツールを用いて受検者に説明を行う。


3.ユーザー専用WEB管理ツールにて、受検者に受検案内メールを送信する。


4.受検者にメールが届いたことを確認し、試験を開始する。

(試験開始前にオンライン会議ツールは閉じる。)


5.試験終了後、再びオンライン会議ツールで説明を行い終了する。


ぜひ、ご参考ください。

最新記事

すべて表示

WEB会議システムを利用したWEB受検方法

コロナ禍の選考において、適性検査のWEB受検が中小企業でもスタンダードになりました。 一方で、自宅でのWEB受検は本人確認ができないため、WEB受検に移行できない・移行しずらい、といったユーザー様の声もあります。 そこで、Zoom・Google Meet・Microsoft Teams などのWEB会議システムを同時利用し、ペーパー受検と同様の試験運用をすることで、代理受検などの不正を防止すること

【マッチング機能】追加のお知らせ

新機能として、ユーザーが設定した基準と分析結果とのマッチング率を表示する機能を追加しました。 この機能により分析結果をユーザー様ごとにカスタマイズでき、よりご活用していただきやすくなると思います。