WEB受検の本人確認方法について

更新日:2021年2月1日

新型コロナウイルスの影響により、選考のオンライン化が進んでおり、適性検査もWEB受検に切り替えられる企業様が増えています。


自宅で適性検査をWEB受検してもらう際、最大の懸念は本人確認ができないことです。気にされない企業様も多いですが、本人確認ができないためWEB受検に移行できない企業様もいらっしゃいます。


そこで、Zoomなどのオンライン会議ツールを用いて、ペーパー受検と同様の試験運用をすることで、代理受検などの不正防止の効果が期待できます。


SurveyYOUを利用する場合、手順は以下の通りです。


1.ペーパー受検と同様に試験日時を決める。


2.試験前にオンライン会議ツールを用いて受検者に説明を行う。


3.ユーザー専用WEB管理ツールにて、受検者に受検案内メールを送信する。


4.受検者にメールが届いたことを確認し、試験を開始する。

(試験開始前にオンライン会議ツールは閉じる。)


5.試験終了後、再びオンライン会議ツールで説明を行い終了する。


ぜひ、ご参考ください。

関連記事

すべて表示

2021年11月15日(月)のアップデートにより、WEB版Part1性格の英語バージョンを 利用できるようになりました。 受検者情報の言語で「英語」を選択すると、受検案内メールや受検ページ等、 受検に関わるすべての内容が自動で英語に切り替わります。 利用料無料、お申し込み不要で、全ユーザーが利用できます。