COPYRIGHT © 2019 WINS Co.,Ltd AllRIGHTS RESERVED

​測定内容

コンピテンシー

コンピテンシーでは、社会人として仕事をするうえで求められる能力を測定します。

コンピテンシーは3分類・12能力によって形成され、

訓練や日常生活でも身につけることができる、比較的変化しやすいものです。

評価が低い分類・能力(=弱点)は積極的に改善する必要があります。

1

2

3

4

1

3分類・12能力の測定結果

コンピテンシーを5段階評価(A〜E)で判定し、グラフは、強みは青、普通は緑、弱みは橙で表示します。 受検者の得点と、これまで蓄積したデータの平均点を表示していますので、全体平均との差を確認することができます。

3

得点と平均点のグラフ比較表示

グラフ表示により、12能力のバランスや平均点との差を視覚的に捉えることができます。

2

強み弱みのコメント

受検者の強み弱みについてコメントします。注意点として、社会人として12能力すべてを習得する必要はありません。すべての能力を強みとしているのはほんの一握りの人だけです。ほとんどの人は各能力に強弱があり、強みとなる能力を生かしながら、弱みとなる能力は向上させようと日々努力していると言えます。

4

測定内容の説明

各能力の測定内容を説明しています。