WEB会議システムを利用したWEB受検方法

コロナ禍の選考において、適性検査のWEB受検が中小企業でもスタンダードになりました。


一方で、自宅でのWEB受検は本人確認ができないため、WEB受検に移行できない・移行しずらい、といったユーザー様の声もあります。


そこで、Zoom・Google Meet・Microsoft Teams などのWEB会議システムを同時利用し、ペーパー受検と同様の試験運用をすることで、代理受検などの不正を防止することができます。


SurveyYOUを利用する場合、手順は以下の通りです。


1.ペーパー受検と同様に試験日時を決め、WEB会議システムはスマートフォン・タブレットにて、WEB受検はPCにて行うことを受検者に連絡する。


2.試験当日、試験開始前にスマートフォン・タブレットでWEB会議システムで受検者にオンラインで説明を行う。


3.SurveyYOU管理ツールにて、受検者に受検案内メールを送信する。


4.メールが届いたことを確認し、PCで受検を開始する。スマートフォン・タブレットのWEB会議システムは接続したままにする。


5.試験終了後、管理ツールで受検完了を確認し、終了する。


本人確認以外のメリットとしては、遠方に住む受検者にも応募機会が増え、母集団の増加も見込めます。


ぜひ、ご参考ください。

関連記事

すべて表示

WEB適性検査英語バージョン提供開始のお知らせ

2021年11月15日(月)のアップデートにより、WEB版Part1性格の英語バージョンを 利用できるようになりました。 受検者情報の言語で「英語」を選択すると、受検案内メールや受検ページ等、 受検に関わるすべての内容が自動で英語に切り替わります。 利用料無料、お申し込み不要で、全ユーザーが利用できます。